スポーツ

大谷翔平の年俸(年収)は?2024年の年俸予想や税金を調査!

今回は大谷翔平選手の年俸(年収)はどうなっているのか、2024年の年俸予想や税金を調査していきます。

まずは、2023年シーズンの年俸がどうなっているのかを具体的に調査して、2024年がどうなりそうなのかを探って行きましょう。

今シーズンもものすごい記録を打ち立てているので、2024年の年俸予想もすごいことになっているでしょう。

2023シーズン年俸(年収)ってどうなっているの?

まずは大谷翔平選手の2023年のシーズンは結局どれぐらいの年俸および年収になっているのかを探って行きましょう。

シーズン開始前にいろいろと情報が流れまくっていましたが、どういった数字に着陸したのかを改めて調べていきます。

【2023シーズン年俸は推定43億円】

こちらは2023シーズンが始まる前からいろいろと言われていましたが、今では推定43億円で落ち着いているようです。

43億円と聞くとなかなかぶっ飛んだ数字に思えますが、メジャーリーグの最高レベルの選手は年俸4000万ドルを超えている人がいるので、そこから考えるとはるかに安いと言われるのは納得でしょう。

打者大谷と投手大谷の成績を考えると、年俸がもっと高くても当然という意見がアメリカでもかなり出ているのが実情です。

【2023年の推定年収は約87億8000万円】

大谷翔平選手の推定年収も発表されており、推定年収はなんと6500万ドル、日本円で約87億8000万円とのことでした。

フィールド外の年収が余裕で40億円を超えているというのも規格外ですし、この年収はゴルフ界のレジェンドであるタイガー・ウッズにも迫ると話題になっていました。

いわゆるフィールド外年収となるのですが、これは10社を超えるスポンサーと契約していることから発生している金額なのでしょう。

ちなみに、2023シーズンの大谷翔平選手のスポンサーは以下のようになっています。

  • ニューバランス
  • コーセー(コスメデコルテ)
  • ポルシェ
  • セールスフォース
  • 興和
  • ファナティクス
  • HUGOBOSS (ヒューゴボス)
  • Oakley(オークリー)
  • 三菱UFJ銀行
  • JAL
  • セイコー
  • 西川
  • 明治「SAVAS(ザバス)」

どれもこれも名前を聞いたことがある大手ばかりで、どれだけ大谷翔平選手が影響力を持っているのかがよくわかります。

個人的に最も衝撃的だったのがHUGOBOSS (ヒューゴボス)との契約で、ドイツの高級紳士服ブランドになります。

このブランドは野球選手をブランドとして起用したのは初めてで、とってもカッコいい画像を一杯アップされていたのです。

大谷翔平選手がスーツを着ている画像も公式でアップされていたのですが、今は取り消されているので当時保存していた画像の一部を再アップするので、是非ともご覧下さい。

【参照URL】:HUGO BOSS

大谷翔平の2024年の年俸予想や税金を調査!

大谷翔平選手はガッツリと年収を稼いでいる人物なので、税金もすごいことになっています。

ここでは2024年の年俸予想と税金について、調べていきましょう。

【大谷翔平選手の税金について】

アメリカの税金を簡単に計算すると、米国所得税と住んでいる州の税金の2つが対象となるでしょう。

米国連邦所得税は37%でカリフォルニア州税は60,789.92ドル+12.3%×(625,369 ドルを超える部分)となっているようです。

ここから大谷翔平選手の年俸で計算すると以下のようになります。

(3,000万ドル×37%)+(60,789.92ドル+12.3%×(30,000,000ドル-625,369ドル))=1,110万ドル+3,673,869.53ドル≒21億4221万円

アメリカでは収入の半分が税金になると言われていますが、推定年俸43億と考えると21億円が税金になり、半分が税金になるというのが綺麗に当てはまっています。

ただし、フィールド外の収入が日本での税金となるのか、アメリカでの税金となるのかがわからないのでその部分は不透明です。

日本でもここまで収入がある人は半分ぐらいが税金となるので、年収が約87億8000万円ならば約40億円が税金となっているでしょう。

【2024年の年俸は50億円を超えるか?】

年俸については様々な意見が出ており、FAをするかしないかでも大きく変わってくるので明確なことは未だにわかっていません。

一応噂に出ている金額をまとめてみると、以下のような情報が出ているようです。

  • MLB史上初の10年5億ドル(約732億円)プレーヤーになる
  • アーロンジャッジの3億6000万ドル(約527億円)を超える
  • 10年契約で、4億5000万ドルになる

このようにとんでもない金額が飛び交っており、私たちが入り込めない金額の世界に突入してしまいそうです。

いろいろと数字が飛び交っていますが、今の推定43億円の年俸を超えることは確実でしょう。

大谷翔平の2024年の年俸に怪我の影響はあるのか?

大谷翔平選手は8月24日に先発しましたが緊急降板し、その後右肘内側側副靱帯損傷であることが判明し、投手大谷は今シーズン終了となってしまいました。

この怪我が今年のFAに大きく影響していると言われており、年俸にも響いてくるとあちこちから声が上がっています。

【大谷翔平選手の怪我はそんなに重いの?】

大谷翔平選手は8月24日に先発しましたが、速球が全く速度が出ずに緊急降板します。

その結果、右肘内側側副靱帯損傷であることが判明し、投手大谷は今シーズン終了です。

この内側側副靱帯損傷は怪我のGradeが存在しており、軽度なGrade1なら炎症や痛みがなくなれば1週間から2週間程度で復帰可能で、Grade2なら4週間から6週間は必要で、重度のGrade3なら8週間以上は必要になってきます。

軽度ならばそこまで気にする必要はないと思いますが、重度だったらヤバイです。

重度の怪我ならば、治し方としてギプス固定をしてからリハビリを開始するというのが一般的であり、保存療法にするかトミー・ジョン手術を選ぶような状況になっています。

野手として当たり前のように出ているのは本来ならばおかしい状況と言えるでしょう。

確かに、大谷翔平選手は過去のシーズンでも肘の状態が万全ではないのに打者大谷として出続けた経験があるので、怪我をしてても戦えるのでしょう。

怪我の重さが発表されていないのでなんとも言えませんが、Grade3だったらもう一度メスを入れるのも正解という状況であることを皆さんも覚えておいてください。

【怪我は大谷翔平選手の来シーズン年俸に関係してくるか?】

これは様々な意見が出ているので、なんとも言えません。

ネット上では様々な意見が出ているので、年俸が下がるという意見をまずはまとめていきます。

○来シーズン年俸が下がる意見まとめ

  • トミー・ジョン手術を受けるのなら来シーズンは投げられないのは濃厚、それなら確実に年俸は下がる
  • シーズン後半は途中降板が多くて体が不安視されてたけど、本格的な怪我をしてしまったのなら評価や価値が下がって当然
  • 当初の予想の半分まで下落する可能性がある、理由は打者大谷としての評価のみがされるからだ

この意見も個人的にはある程度納得できますし、後半の大谷翔平選手は体が結構やばそうという意見だって納得できます。

そして次が特に下がらないという意見です。

○来シーズン年俸が下がらない意見まとめ

  • トミー・ジョン手術を受けるのなら来シーズンは投げられないのは濃厚、それでも大谷翔平選手の価値は下がらない
  • 彼がやっていることはアメージングであり、複数年の大型契約を結ぶのなら怪我は全く関係ない
  • 彼は唯一無二の選手でベーブ・ルースの領域に入る史上最高の選手なのだから、マーケティングも特別になって当然、だから評価は下がらない
  • バーランダーやデグロムといった選手も怪我をしたシーズンがあったが大型契約された、大谷翔平は怪我をしても打者としてあれだけやれているのだから下がるはずがない

このようにいろいろと下がらない意見もあり、こちらも納得できるものです。

やっぱり、野球選手としては大谷翔平選手というのはスペシャルであり、比較対象が伝説のベーブ・ルースになるというのはメジャーリーグではやっぱり大きな意味を持つのでしょう。

筆者の意見としては、怪我によってFAにおける年俸提示を下げてくる球団は出てくるでしょうが、変わらずガッツリ高めの金額を提示してくる球団も出てくるので、来シーズン年俸は70億円ぐらいになる可能性は高いとみています。

まとめ

今回は大谷翔平選手の年俸(年収)はどうなっているのか、2024年の年俸予想や税金を調査していきました。

○2023シーズンの推定年俸は43億円で、年収は80億円オーバーだった
○税金は年俸ベースで約半額になる、これはアメリカでも日本でも一緒だった
○来シーズンの推定年俸はいろいろと意見が出ている、記録的な金額になる可能性もあり!

いろいろと調べてみましたが、来シーズンの契約もすごいことになるのは間違いないでしょう。

8月下旬に怪我が明らかになって、来シーズンの契約に大きく関わってくると予想されていますが、それでも大谷翔平選手の価値は唯一のものがあり下がるとは思えません。

シーズンオフもFAを含めて話題の中心になることが間違いなしの大谷翔平選手でした。

-スポーツ